にきび予防に効果的な食生活

にきびができてしまってから治療をするよりも、あらかじめにきびが発生しにくい生活習慣を心がける方が効果的です。まず大切なことは、食生活を見直して美しい肌を保つことが大切です。

肌の生まれ変わりの周期を正常化させるには、ビタミンAが大切です。

マイナビニュース情報を多数ご用意したサイトです。

肌は常に新陳代謝を繰り返し、新しい細胞へと生まれ変わっていますが、ビタミンAは健康で美しい肌を作り出すことが可能です。

またビタミンB群には、脂質代謝をケアし、過剰にオイリー肌になるのを防ぎ、炎症が発生する段階まで悪化してしまうのを防ぐことが可能です。


ビタミンCは、にきび痕にメラニン色素が沈着するのを防ぐ役割があり、コラーゲン生成を促進する力があるので、陥没したにきび痕のケアを促進する効果も期待できます。
これらの成分が含まれた食品を摂取することで、にきびを予防することができます。

にきびが有名になってきました。

また正しい洗顔と保湿も予防には大切です。


洗顔を行う際には、まず手をきれいに洗い、化粧をしている場合には、クレンジングを行います。

その際乾いたティッシュは肌に負担となるので、保湿成分入りのティッシュやコットンに水を含ませたもので軽くふき取りましょう。


洗顔は、石鹸や洗顔料を適度に泡立てて、おでこ、目の周辺、両頬、口周りへと指のはらでくるくると円をかきながら、優しく洗っていきます。

洗顔料は、こすったりせず泡で優しく包み込むように洗っていくことが大事です。



洗い落とすときには、顔をこすったりせず、30回ほど顔全体にじゃぶじゃぶと水をかけて泡を落としていきます。


熱いお湯で洗うと必要な皮脂まで落としてしまいますから、36度くらいの人肌の温度か水で洗います。洗顔後には、化粧水やジェル、クリームなどで保湿を行い、肌が生まれ変わる22~26時には就寝することが予防には大事です。