にきび予防の基本は昔から変わらない

にきび予防の方法は進化していますが、基本的な部分は昔と何も変わっていません。

基本さえ徹底しておけば、ほとんどのにきびは予防できるのです。

簡単に実践できる3つの習慣は、野菜をたくさん食べること、正しい洗顔をすること、睡眠リズムを整えることです。

野菜を多く食べるようにすれば、にきびの原因となる動物性脂肪を減らすことができます。野菜の摂取量が少ない方は満腹感を覚えにくく、ついつい食べ過ぎてしまうのです。


たくさん食べるほど脂肪の摂取が多くなり、肌がベトベトになって肌荒れを引き起こすわけです。肌は食べ物から作られると認識し、食生活の乱れを改善していきましょう。

オイリー状態に悩んでいる方は、洗顔方法が間違っている可能性があります。

洗顔料は肌に合ったものを使用する必要があり、洗浄力が強すぎるものは避けてください。オイリー肌の方は強力な洗顔料を好みますが、皮脂を除去しすぎると乾燥を招いてしまい、それによりオイリー肌を促進することもあるのです。

乾燥を感じた肌は危機感を覚えて、皮脂分泌を盛んにするわけです。

しっかりとしたlivedoorニュース情報を豊富に提供しています。

洗浄力は強すぎる必要はなく、多少弱くても毎日洗顔していれば汚れはしっかりと除去できます。



睡眠不足もにきびを促進するので、予防対策として睡眠リズムを整えることが大切です。

夜ふかしは肌の大敵ですし、睡眠不足は肌にストレスを与えてターンオーバーのバランスを崩します。



早寝早起きを守ることがにきび予防のためにも大切なのです。